トップ

それぞれの学校の評価

学校には評価というものがあります。生徒個人のものもありますが、全体のイメージというのも大切なのです。学生の頃は生徒が評価をされていると思っていました。成績を付けるということもその一部という認識があります。しかし学校そのものがどのようなレベルにあるのかということを調べることがあります。教員が変わると雰囲気も変わるということがありますし、レベルもアップするということがあります。勉強だけではなく、風紀に関しても乱れることがないようにしなければいけません。親は安心をして任せることが出来るというところのほうが良いのです。

家庭教師は自分にあった先生探しから。
共に受験を戦い抜ける信頼関係が気付けます。難関校も受験対策バッチリできますよ。合格者の声は参考になります。

現在と昔の評価の違い

学期の終わりに学校でもらってくる通信簿、あの点数はいったいどのようにされているのでしょうか。一昔前は5段階評価が主で、教科によって「5は全体の何%」というように割合が全て決められていましたので、他人と比較し授業中の態度や提出物の有無などまで見られていました。しかしゆとり教育が導入された頃から「このレベルまで達したら5」というように、割合ではなくその子の能力によって評価するような方法が取り入れられ、他人と比べることがなくなってきました。よって場合によってはクラス全員が「5」をもらうこともあります。現在ほとんどの学校では後者を採用しています。

学校の評価についての情報

© Copyright 学校がされる評価する評価. All rights reserved.